法人向けサービス

システム・コーチング®を受ける

①コンセプト&ニーズ

今日、多くの企業では、先の見えない経営環境の中で「働き方改革と生産性の向上」「ダイバーシティ&インクルージョン」といったような組織文化や組織の価値観に影響を与えるような課題と向き合い、これまでに経験したことのない程の大きな組織変革・変化が求められています。同時にITの進化・発展などにより、その変革・変化にさらなるスピードが求められています。

この複雑で変動性が高いビジネス環境に立ち向かうためには個人の育成も大事ですが、それだけでは個人プレーの横行であったり、リーダーだけが孤軍奮闘し、疲弊していくといった状況に陥ることもよく見受けられます。

今の時代こそ「協働して結果を出すチーム」が求められている、と私たちは考えます。

「協働するチーム」を作り出すためには、リーダーとメンバーそれぞれがチームの目的に対してどんな関係性が必要なのかを本質的に考え、現在の関係性を自覚し、そこから意図的に関係性を作り出す、すなわち「Right Relationship ™(正しい関係性)」が必要なのです。システム・コーチング®では、この関係性を作り上げるための具体的なスキルやメソッドがあり、コーチは豊富な経験からそれらを最も適切な形で組み合わせてチームに関わっていきます。また、一般的コンサルティングのように「外からの答」を与えるのではなく、チームが、その答を自らの内側から見出すように支援することで、内発的変容がチームに起こり、自律的にチームが動き出していくこともシステム・コーチング®の特長です。

CRRジャパンの提供する法人向けのサービスは、以下のようなニーズにお応えするものです。

・チームの持つ潜在能力を最大限に活かして、成果を挙げるチームにしたい。
・バックグラウンドや得意領域の異なるメンバーが違いをお互いに認め合う、関係性の良いチーム/組織づくりをしたい。
・サイロ化されている組織から、セクションの壁を超えてコラボレーションできる組織にしたい。
・雰囲気が悪く、メンバーがやる気を失っているチームの関係性を改善したい。
・合併した会社を、早く一枚岩の組織にしたい。
・ダイバーシティ&インクルージョン(多様性を重んじ、お互いを受け容れる)カルチャーを推進したい。

②システム・コーチング®セッションの提供 (システム・コーチ派遣)②システム・コーチング®セッションの提供 (システム・コーチ派遣)

レベルの高いコーチ陣

社内で、システム・コーチング®を実施したいとお考えの場合、CRRジャパンは、資格(ORSCC*)を持ち、組織での経験を積んだ、すぐれたコーチを派遣いたします。また、英語でのセッションのご提供も可能ですので、ご相談下さい。

ORSCC* :(Organization&Relationship Systems Certified Coach)とは、CRRジャパンの資格コース修了者に与えられるシステム・コーチング®資格であり、国際コーチ連盟(ICF)によって認定されたチーム・コーチングの資格としては世界で唯一のものです。

豊富な経験と実績から、お客様のニーズに合わせて設定するセッション

お持ちの課題によって、どのようなシステム・コーチング®のセッションを、どのくらいの期間必要とするか、はさまざまです。CRRジャパンは、日本にシステム・コーチング®を導入以来、チーム/組織にコーチングを提供するパイオニアとして様々なケースに対応し、実践を積み重ねてきております。その経験を活かした最適なプランを設計し、ご提供いたします。
また、同時にいくつかのシステム・コーチング®を実施する場合でも、複数のコーチを派遣する体制がありますので、大規模なプロジェクト・ニーズにもお応えできます。

導入プロセス 導入プロセス
システム・コーチング®セッションの流れ(例) システム・コーチング®セッションの流れ(例)
  • *事前インタビューは、コーチと1対1、オフサイトミーティング、および各セッションは、 コーチ(ファシリテーター)2名体制にて行います。
  • *自主Mtg(リーダー及びチームメンバーだけでのMtg)は、オプションです。

③チーム・アセスメント

チームの現在の姿を「見える化」

CRRジャパンの所属する(株)ウエイクアップグループTLCジャパンにおいて、チームの現状をアセスメントし、「見える化」するためのツールとして、「LCS:リーダーシップ・カルチャー・サーベイ」を提供しています。これは、組織/チームのリーダーシップに関する風土調査であり、個々のリーダーシップではなくリーダーチームの集合的リーダーシップが組織全体にどのように現れているかを明らかにするサーベイです。詳細はこちらをご参照下さい。
TLCジャパン: http://www.theleadershipcircle.jp/
※リーダーシップ・カルチャー・サーベイ™は、ザ・リーダーシップ・サークル®によって開発・所有されています。

チームの変化をデータで検証

その結果は、チーム全体のワークショップの中で共有されます。 ワークショップにおいては、このチームが本来持っている力を体感し、その力を実際の現場で発揮するために必要なアクションプランを作りだします。 これによりアセスメントが単なる数字に終わらず、やる気とエネルギーに満ちたチーム作りの出発点へとなります。 また、同じアセスメントを、半年後、1年後に実施することで、チームとしての成長をデータとして「見る」ことも可能になります。

お問い合わせ
組織内リーダーを育成する

ページトップ